お問い合わせ
プロに聞く洋服のお手入法

 

最近は、いろんな柔軟仕上げ剤が販売されていますね。

 

香り付きのものも多く、洗濯の楽しみも増えているようです。

 

逆にその香りがイヤという人もいますし、敏感肌の方や赤ちゃんのいるご家庭では、柔軟剤の成分がイヤという人もいるかもしれません。

 

今日は市販の柔軟剤を使わずに、洗濯物をふっくら仕上げるコツをお伝えします。

 

普段の洗濯洗剤を洗濯せっけんに変えて、洗ってみてください。

 

すすぎが終わり近くになって水がキレイになったら、クエン酸を入れます。

 

使用量は、水30Lにつき約1gが目安です。

 

そのあとしばらく洗濯機を回して、衣類にまんべんなく行き渡らせたら脱水して干します。

 

クエン酸は衣類をふっくら仕上げてくれるだけでなく、保管中の黄ばみも防いでくれますよ。

 

洗濯石鹸と合成洗剤の違いは

 

同じ洗浄剤なのですが、石けんは天然油脂とアルカリで作られており、合成洗剤は化学合成によって作られた合成界面活性剤が原料になっている点です。

 

話しはそれますが、洗濯石鹸が使われなくなり、合成洗剤が主流になっているのは、石鹸の汚れ落ちの悪さが原因と思われます。

 

洗濯石鹸の水溶液は常温でpH10前後のアルカリ性です。

 

しかし洗濯をするとき、衣類に付いた皮脂汚れ(蛋白質や油脂)は石けんで洗われている内に分解され弱酸性の脂肪酸となります。

 

その酸にアルカリは中和されて洗浄力が落ちていくのです。

 

合成洗剤には炭酸塩やケイ酸塩などが配合されており、pH範囲を最適な洗浄条件に保つ働きがあるのです。

 

個人的には石鹸の特性を理解して使えば、肌にやさしいし、ふっくら仕上がるし、いいと思うんですけどね。

 

関連記事

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

界面活性剤とは混じり合わないもの、例えば水と油の間の界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせるようにする働きがあります。

 

油汚れのついた衣類を水だけで洗っても汚れは落ちませんが、洗剤を入れることで、ある程度キレイになりますよね?

 

洗剤にはほとんどの場合、合成界面活性剤が含まれているからです。

 

ところが、アルカリ剤には界面活性剤が含まれていないのに、油汚れが落ちるんですね。

 

これはなぜでしょうか?

 

油脂の成分である脂肪酸はアルカリで乳化されて溶けるという性質があります。

 

アルカリ剤が脂肪酸と結合して石鹸と同じ性質に変えてしまうためです。

 

石鹸になった汚れは水と馴染みやすくなり、はがれやすくなるんですね。

 

また、アルカリはタンパク質を溶かす働きもあるので、脂肪酸やタンパク質、油脂が混ざり合った皮脂や垢の汚れを洗い流すのにも効果的。

 

台所のベタベタする気分の悪い汚れも、油脂と脂肪酸が混じりあったものがほとんど。

 

だからアルカリ剤で落とすことができるのです。

 

関連記事

8f919a5e331351291479194f336f5fe8_s

 

柔軟剤の効果はふっくら仕上げるだけではありません。

 

柔軟剤は、界面活性剤が繊維の表面に膜を作ることで、静電気を抑えて毛羽立ちや毛玉ができるのを防ぎます。

 

さらにホコリをつきにくくして黒ずみを防ぐ効果もあるんです。

 

柔軟剤もいろんな種類がありますが、性能に大きな差はありません。

 

香りの好みで選ぶのがいいでしょう。

 

柔軟剤を使うときの注意点は、洗剤と一緒に入れないこと!

 

一緒に入れる人は少ないと思いますが、洗剤と柔軟剤を一緒に入れるとお互いの働きを邪魔してしまいます。

 

すすぎが終わったタイミングで入れるようにしましょう。

 

漂白剤のタイプ

なかなか落ちないガンコな汚れには漂白剤を使うことありますよね。

 

漂白剤は大きく分けて「酸化型」と「還元型」に分かれます。

 

酸化型は「酸素系」と「塩素系」に分かれます。

 

洗濯のときに使われるのは酸素系漂白剤がほとんどです。

 

塩素系のほうが漂白力は上ですが、繊維に与えるダメージは大きいです。

 

酸素系漂白剤には、液体タイプ(弱酸性)と粉末タイプ(弱アルカリ性)があります。

 

色柄物には弱酸性の液体タイプを使い、色落ちをそれほど気にしなくてもよいなら弱アルカリ性の粉末タイプを使うとよいでしょう。

 

白物で汚れがひどいものは塩素系漂白剤を試してみてもいいでしょう。

 

漂白剤を使うときの注意点は「混ぜるな危険」というやつです。

 

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜると塩素ガスが発生します。

 

塩素ガスは刺激性のある黄緑色の気体。

 

空気より重いので、発生すると低いところに流れます。

 

低濃度でも鼻やのど、目に刺激を感じ、吸入すると肺水腫を起こす可能性があります。

 

許容濃度を超えると死に至ることもある危険なガスです。

 

これは本当に気をつけたほうがいいですね。

関連記事

 

セーターやニット製品は着ているうちに毛がへたってきて、風合いがなくなってきてしまいます。

 

そんなときはクリーニングに出せば、ふっくらさも戻ります。

 

ふっくらして繊維が空気を含むと、温かさがまったく変わってきます。

 

高級獣毛である、アンゴラやモヘアなどは特にクリーニングすることで風合い、温かさの違いがよくわかります。

 

今日はまだクリーニングに出すほどでもないけど、ちょっとへたってきたかな?というときの簡単お手入れ法を紹介します。

 

セーターなどニット製品は着用後は、けばが乱れています。

 

ブラシで毛並みを整え、ほこりを取りましょう。

 

テーブルなど平らな場所に置いて、上の方から軽くブラシをかけていきます。

 

柔らかい毛を使ったブラシがいいですね。

 

そしてアイロンでスチームします。

 

アイロンが直接あたらないギリギリのところで、アイロンのスチームを当てます。

 

アイロンの蒸気で毛が起き上がって、ふっくらした風合いが戻ってきますよ。

 

でも、一番いいお手入れは、汚れや臭いが気になるようになる前にクリーニングに出すことです。

 

 

関連記事

10f39cfae0365b7105ca41245c286cae_s

石鹸の工業化のカギとなったアルカリ剤。

 

アルカリは油汚れ、タンパク質汚れを落とす働きがあり、アルカリ助剤を配合した石鹸が多いんですね。

 

ところで、このアルカリ成分は野菜のあく抜きにも使われます。

 

山菜をゆがくときにワラ灰を入れるとよいという話、聞いたことありませんか?

 

野菜の苦味やエグ味、シブ味、切り口が黒くなったりする「アク」には、シュウ酸やアルカロイド、タンニンといった体に害を及ぼす成分が含まれています。

 

ほとんどの植物の葉、茎、根には昆虫や外敵より身を守るためにアクを持っているんですね。

 

なので調理前に取り除く必要があるのですが、そのときに効果を発揮するのがアルカリ成分。

 

灰に含まれる炭酸カリウム、炭酸ナトリウムなどのアルカリ成分がアクを取り除いて、調理に適した状態にしてくれるんですね。

関連記事

3 / 1012345...10...最後 »