お問い合わせ
プロに聞く洋服のお手入法

ダウンジャケットが必要な気候になってきました。

 

高級なダウンジャケットといえば、モンクレールやデュベティカなど海外ブランドがイメージされますが、実は日本にも世界に誇るダウンのブランドがあるのをご存知でしょうか?

 

今日は世界に誇るダウンの国産ブランドNANGA(ナンガ)についてお伝えします。

 

日本の極寒地である北海道旭川市のブランドです。

 

旭川市は日本気象観測史上、最低気温を記録した都市です。

 

1902年1月25日、北海道旭川市でマイナス41.0℃を記録しました。

 

極寒地だからこその知識と経験をもとに築かれた技術で生み出されたのがNANGA(ナンガ)です。

 

NANGAから発表されたNANGA WHITE LABELというダウンジャケットはポーランド産マザーホワイトグースを使用し、フィルパワーは860とされています。

 

フィルパワーとは簡単にいうと、羽毛の膨らみ度合で、数値が大きいほど良質なダウンと考えられます。

 

通常フィルパワーが600以上のものが高品質ダウンとされていますので、860というのはなかなかのものです。

 

NANGAのダウンジャケットは1着に使うダウンの量が一般的なダウンの2倍使っているそうです。

 

それにも関わらずモコモコしない高い縫製技術もあるのです。

 

防寒着として最高レベルの品質でありながら、街でも着ることができるファッション性も兼ね備えています。

 

国産ダウンも見どころありますよ。

 

価格的にも満足感がありますね。

 

関連記事

今日は最高峰ダウンジャケットシリーズ第3弾です。

 

今日ご紹介するのは「カナダグース」。

カナダグース

 

創業から50年以上の老舗です。

 

カナダグースは「メイド・イン・カナダ」にこだわり続けるブランドです。

 

カナダグースの特徴は「実用的」であること。

 

1999年には犬ぞりで北極点を走破した、探検隊のフランソワ・ベジュールにダウンを提供しました。

 

2000年には8000マイルのスノーモービル遠征を実現したアークティックトレック2000チームのスポンサーとなっています。

 

それらフィールドでの実体験に基づくデータを製品に生かしているんですね。

 

手首回りの柔軟性を保ち、保温性も実現するためにニットカフを使ったり、フードにはコヨーテの毛皮を使うことで凍結を防いだり、ポケットを多く作って、様々なものを収納できるようにしたり。

 

極寒地でも使いやすいような工夫がされています。

 

実用性だけでなく、美しいスタイルも実現していることで、街でも着こなせると多くのファンがついています。

 

北極点を走破するときに着るくらいですから、たいていの地域の冬くらい難なく乗り切れそうですね。

 

そして、カナダグースにはもうひとつこだわりがあります。

 

それは、「生きたグースのダウンを使わない」ということ。

 

どういうことかというと、現在欧米の羽毛の採取方法は、生きたままのダックやグースから直接むしり取る方法が主流です。

 

この方法だと1匹から3~4回羽毛を採取できるのですが、動物愛護の観点からは問題視する人も多いです。

 

カナダグースは、食用に養殖されたグースの余ったダウンを使用しています。

 

この方法だと、強制的にむしり取る方法と比べて、より上質なダウンが採取できると言われています。

 

なかなかこだわりのあるブランドですね。

 

カナダグースのダウンは高いものだと20万円以上するものもあります。

 

シーズン後のお手入れはダイヤクリーニングにお任せ下さい。

 

関連記事

高品質ダウンブランド紹介第4弾。

 

今日はデュベティカです。

 

デュベティカ(DUVETICA)は2002年にイタリア発祥のダウン専門ブランドです。

 

デュベティカの創始者はモンクレールで社長を経験したことのあるジャンピエロ・バリアーノという人物。

 

モンクレールでの経験をもとにイタリアのベニスでデュベティカを立ち上げました。わずか数年のうちにモンクレールと並ぶほどの人気ブランドに育てました。

 

デュベティカも品質に対するこだわりは相当高いものがあります。

 

中綿のダウンはすべてフランス産のダウンを使用し、縫製はヨーロッパ内でもトップクラスの技術を持つクロアチア、ブルガリアなどの工場で行なっています。

 

品質を重視する人にも満足度の高いクオリティを誇ります。

 

デュベティカはダウン専門だけあって、ラインナップが非常に豊富です。

 

●メンズ向けラインナップ
ベガ(VEGA)

カッパ

 

ディオニッシオ(Dionisio)

ディオニッシオ
●レディース向けラインナップ

カッパ(Kappa)

カッパ

 

ティア(Thia)

ティア
アダラ(Adahara)

アダラ
デネブ(Deneb)

デネブ

 

どれも最高品質のダウンです。シーズン終了後のお手入れはダイヤクリーニングにお持ち下さい。

 

関連記事

世界的なアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」はダウンジャケットよりもカバンのほうが有名でしょうか。

 

山ボーイ、山ガールの間でザ・ノース・フェイスのリュックは機能性抜群と大人気!


ザ・ノース・フェイスは1968年、アメリカのサンフランシスコで創立されました。

 

最初の製品は高品質のダウンを使用して作ったシェルフ(寝袋)でした。

 

創業の翌年1969年には、ダウンパーカの原型となる「シェラ・パーカ」を発売しました。

 

かばんの生産は1976年とちょっと遅れます。

 

サスペンション付きパックの元祖である「バックマジック」を発売しました。

 

革新的な技術や卓越したアイディア開発されるアウトドア用品は世界的に人気です。

 

ダウンジャケットは、機能性が優れているのはもちろんですが、デザイン性も高いレベルにあると思います。

 

カラーバリエーションが豊富なのもザ・ノース・フェイスのダウンの特徴でしょうか。

 

タウンユースから過酷な環境で着るダウンジャケットまでラインナップも豊富です。

 

登山など厳しい条件下で着られたダウンジャケットのお手入れはしっかりしてあげてくださいね。

 

ダウンジャケットのクリーニングはダイヤクリーニングにお任せください。

 

関連記事

ダウンとフェザーの違いについては、以前お伝えしましたが

 

⇒ ダウンジャケットの選び方|温かさを決めるポイントは?

 

今日はダウンジャケットに使われるダウンの種類についてお伝えします。

 

鳥には水鳥と陸鳥という二種類あります。

 

ダウンジャケットに使われるダウンは、水鳥の羽です。

 

陸鳥からはダウンは取れません。

 

水鳥でであるガチョウやアヒルからダウンを採取するのですが、どの水鳥からとっても同じというわけではありません。

 

水鳥の生息地の環境や条件によってダウンの品質は変わります。

 

グースとダックではグースのほうが優れている

 

グースとはガチョウ、ダックとはアヒルのことです。

 

グースもダックも多くの場合はフォアグラ目的として飼育されます。

 

しかし食肉が目的となりやすいダックは、十分に成長する前に食用とされるので、成長前に採取するダウンとなり、あまり品質がよくないとされています。

 

さらに、ダックはグースほど大きなダウンボールが取れません。

 

ダウンボールは大きなほうが品質が良いとされています。

 

このような理由で、グースとダックを比較すると、グースから採取したダウンのほうが品質が良いと言われています。

 
⇒ マザーグース、マザーダックとは?

関連記事

1 / 41234