お問い合わせ
プロに聞く洋服のお手入法

花粉症の人にはツライ季節になりました!

 

目がシパシパ、鼻がズルズル・・・

 

本当に苦しい季節ですね。

 

アレルギーの原因は花粉だけではありません。

 

ダニが原因でアレルギーになったという方もいるのでは?

 

衣替えのときにアレルギー症状が出るという人もいると思いますが、それは衣類や布団に潜んでいるダニが原因かもしれません。

 

ダニによるアレルギーの被害を防ぐには、衣替えのときの収納がひとつのポイントです。

 

衣類に潜むダニを駆除するには、洗濯、乾燥、アイロンの流れが大切です。

 

ダニは乾燥と熱に弱いので、衣類を洗濯したら、しっかり乾燥させて、最後はアイロンで熱を加えます。

 

その後に収納するようにすると、ダニの被害を最小限に抑えられますよ。

 

衣替えはたくさんの衣類の入れ替えをしますので、大変だなと思うときはぜひクリーニングを利用してくださいね。

 

関連記事

季節の変わり目に必ずやってくる衣替え。

 

そのたびに「衣替え面倒くさい!」という方は多いのではないでしょうか?

 

収納スペースは限られていますからね。

 

特に冬物衣料を収納するのは大変です。

 

ハンガーにかけるものも、たたむものもボリュームがありますからね。

 

今日はジャケットをたたんで収納するためのたたみ方をご紹介します。

 

ハンガーにかけて収納するスペースは限られますが、たたんで仕舞うものは衣装ケースを積み重ねることで収納スペースを確保しやすいです。

 

 

収納する前にはクリーニングをして、汚れを落としてからにしましょう。

関連記事

もうすっかり春かと思っていたら、今週末はまた気温が下がるみたいですね。

 

ダイヤクリーニングでは3/1からダウン製品の半額キャンペーンを行なっていますが、お客様もまだまだ様子見されています。

 

今クリーニングに出して、また寒くなって着ることになったら二度手間ですからね。

 

とはいえ、そろそろ衣替えの準備はしていかなければなりませんが、ウール製品を収納するときには特に注意が必要です。

 

昨年の冬を迎える前に、衣替えをしようとタンスから出したセーターやマフラーに虫食いを発見してショック!という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はそんなことがないように、虫食いの被害にあわないように収納しましょう。

 

最近の害虫はポリエステルなどの化学繊維も食べてしまうくらいタチが悪いのですが、でもやっぱり一番食べられやすいのはウールです。

 

ウールの次に被害にあいやすいのがシルクです。

 

そしてこれらの素材に皮脂や汗、食べこぼしの汚れが残っていたりすると、害虫の格好の餌食になってしまいます。

 

衣替えでウール製品を収納する前には、必ず洗濯をして汚れをきれいに落としてからにしましょう。

 

ダイヤクリーニングにお任せいただければ、バッチリ仕上げますよ!

 

関連記事

ウォークインクローゼットがあるお宅が増えているようですね。

 

ウォークインクローゼットとは文字通り歩くスペースがあるクローゼットのことです。

 

すべての衣類を収納しておけるため衣替えの必要がなく、便利ということで人気のようです。

 

でも!ウォークインクローゼットだから衣替えの必要がないかというと、そんなことはありませんよ!

 

当たり前ですが、これからしばらくの間、冬物衣料は着ることがなくなります。

 

ウォークインクローゼットにそのままかけておくと、一番怖いのは虫食いの被害にあうことですね。

 

ウォークインクローゼットの場合、密閉度が低いので、普通に防虫剤をおいていても、効果は半減してしまいます。

 

防虫剤の置き方にもコツがあるんですよ。

 

市販の防虫剤で有名なところといえば、「ムシューダ」という商品がありますが、ウォークインクローゼット専用というものも販売されていますね。

 

防虫剤の成分は空気より重いので上から下に広がります。

 

ですから、防虫剤は衣類より上に置くのが正しい置き方です。

 

収納ケースに入れるなら、ケースの下ではなく、上に置かないと効果が発揮されません。

 

でも、いくら防虫剤を置いていても、ウォークインクローゼットは年中開け閉めするので、防虫剤が効果を発揮するかは疑問です。

 

大切な一着はクリーニングに出したときに「防虫加工」をしておくのがいいと思います。

 

しばらく着なくなる冬物衣料はキレイに汚れを落とした上で、防虫加工をしておくと、来シーズン着るときに「虫食いにあってガッカリ」ということがなくなりますよ。

 

関連記事

衣替えの時にクローゼットをあけてショックを受けたことありませんか?

 

  • 白いブラウスが黄ばんでいる
  • ジャケットの襟が変色している
  • 仕舞うときにはなかったシミが出てきた

 

衣替え前にきちんとお手入れをしておかないと、大切な一着が台無しになってしまうかも!?

 

しばらく仕舞っていた衣類を引っ張りだしてきたときに、黄ばんでいる、変色している、シミが出てきたというのは、仕舞う前に汚れを落とし切れていなかったことが原因です。

 

特に汗汚れは目に見えないので、「汚れてないからクリーニングしなくてもいいや」と思ってしまうことがあります。

 

しかしこの汗汚れこそ、黄ばみ、変色を引き起こす元凶です。

 

衣替えをするときには、きっちり汚れを落としてから仕舞うことで、結果的に衣類は長持ちします。

 

これからの季節は冬物衣料を仕舞うことになりますが、冬物衣料も思った以上に汗汚れがあります。

 

「しまい洗い」を習慣にすることで、お気に入りの衣類を長く着ることができるようになりますよ。

 

最近はおしゃれ着洗いで家庭でおしゃれ着を洗う方も増えています。

 

失敗したくないなというものはクリーニングに出してくださいね。

 

家庭洗濯との違いを実感してもらえると思いますよ。

 

関連記事

1 / 41234