コラム

クリーニング料金はどれくらい?料金相場を衣類の種類別に解説

UPDATE:2022.05.31
クリーニング料金はどれくらい?料金相場を衣類の種類別に解説

大切な衣服をクリーニングに出そうと思っても、クリーニング料金がいくらかかるのか気になりますよね。
クリーニング料金は、衣類の種類やクリーニング会社によっても様々です。
普段あまりクリーニングを利用しない方にとっては、料金の相場がわからず、どこのクリーニング店を選べば良いか迷われるのではないでしょうか。

そこで今回は、クリーニング料金の相場や仕上がり日数の目安を衣類の種類別にご紹介します。
クリーニング料金の相場を知って、自分に合ったクリーニング会社を見つけましょう。

1. クリーニング料金の仕組み

家計簿をつける

クリーニングの相場をご紹介する前に、まず知っておきたい料金の仕組みについてご紹介します。
料金の仕組みを知っておくことで自身に合うクリーニング会社を選びやすくなり、おトクにクリーニングを出すことができます。

クリーニング料金は主に「地域の相場」「対象となる衣類」「クリーニングの加工オプション」の項目から決まっています。
それぞれの項目のポイントは下記です。

地域の相場
  • チェーン店の場合は地域により料金が変わることがある。
  • 宅配クリーニングは、地域性に関わらず全国一律料金の場合が多い。
対象となる衣類
  • スカート・ジャケット・ブラウスなど衣類の種類ごとに洗濯方法が異なるため、衣類の種類ごとに料金が異なる。
  • カシミアなどデリケートな素材は生地が傷みやすく取扱いが難しいため、衣類の素材によっても料金が異なる。
  • ライナーやファーなど、付属品は料金が追加になる場合がある。
クリーニングの
加工オプション
  • シミ抜きや撥水加工など衣類をよりキレイに仕上げるために特殊な溶剤やプレス機を使用する場合があり、追加で料金がかかる。

クリーニングには店舗型と宅配型の大きく2種類があります。
宅配クリーニングは、自宅で注文からクリーニング品受け取りまでを完結できるので、最近利用が増えているサービスです。
店舗型と宅配型クリーニングの料金の特徴は、店舗型は衣類の種類によって金額が変わり、宅配型は「パック料金」のお店が多く、どんな衣類を出しても一律金額です。

次からは、衣類の種類ごとにクリーニング料金と仕上がり日数の目安を店舗型・宅配型の2種類に分けて、ご紹介していきます。

2. スーツのクリーニング料金と仕上がり日数【店舗・宅配別】

スーツをクリーニングに出すタイミングは、季節によって異なります。
汗をかきやすい夏場は3回の着用で1回、冬場は月に1回のクリーニングを目安にするとよいでしょう。

店舗型クリーニングのスーツの料金相場

店舗型クリーニングのスーツの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 1,000円〜1,500円程度
仕上がり日数の目安 3日〜7日程度

宅配クリーニングのスーツの料金相場

宅配クリーニングのスーツの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 800円~1,800円程度
仕上がり日数の目安 7日~12日程度 ※衣類の集配期間を含む

3. ワイシャツのクリーニング料金と仕上がり日数【店舗・宅配別】

ワイシャツは、自宅で3回洗濯したら1回はクリーニングに出すことをおすすめします。
毎回洗濯していても、自宅の洗濯では汚れが落とし切れていないことがあります。汚れが積み重なり、黄ばみとなって目に見えて分かるシミになると、落とせない場合も。そのため、汚れが目立っていなくても、定期的にクリーニングに出すことで白くキレイなワイシャツが長持ちします。

店舗型クリーニング店のワイシャツの料金相場

店舗型クリーニングのワイシャツの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 100円〜500円程度
仕上がり日数の目安 即日〜5日程度

宅配クリーニングのワイシャツの料金相場

宅配クリーニングのワイシャツの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 800円~1,800円程度
仕上がり日数の目安 7日~12日程度 ※衣類の集配期間を含む

4. スカートのクリーニング料金と仕上がり日数【店舗・宅配別】

スカートは外気中にある「ちり」や「ほこり」の汚れがつきやすいので、3回程度着用したら1回クリーニングに出すのが理想です。
クリーニング料金は、スカートの素材や形状によって異なるクリーニング会社もあります。

店舗型クリーニング店のスカートの料金相場

店舗型クリーニングのスカートの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 500~950円程度
仕上がり日数の目安 3日〜7日程度

宅配クリーニングのスカートの料金相場

宅配クリーニングのスカートの料金相場と仕上がり日数の目安は以下の通りです。

料金の相場 800円~1,800円程度
仕上がり日数の目安 7日~12日程度 ※衣類の集配期間を含む

5. セーターのクリーニング料金と仕上がり日数【店舗・宅配別】

セーターを持つ女性

セーターやニットは布地から作られた服ではなく毛糸から編まれた服であるため、自宅で洗濯すると、型崩れを起こしたり、縮んだりしてしまう可能性があります。そのためセーターは、2〜3回着用したら1回クリーニングに出すとよいでしょう。
カシミアなどのデリケートな素材は、クリーニング料金が高くなる傾向にあるので要注意です。

店舗型クリーニング店のセーターの料金相場

店舗型クリーニングのセーターの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 600円程度
仕上がり日数の目安 1日〜7日程度

宅配クリーニングのセーターの料金相場

宅配クリーニングのセーターの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 800円~1,800円程度
仕上がり日数の目安 7日~12日程度 ※衣類の集配期間を含む

6. コートのクリーニング料金と仕上がり日数【店舗・宅配別】

コートは、少なくともシーズンごとに1回はクリーニングに出すとよいでしょう。
コートと一言で言っても、素材や長さなどにより様々な種類があります。また、ベルトやファーなどの付属品があると、別料金となる場合が多いので気をつけましょう。

店舗型クリーニング店のコートの料金相場

店舗型クリーニングのコートの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 1,500円〜5,000円程度
仕上がり日数の目安 4日〜10日程度

宅配クリーニングのコートの料金相場

宅配クリーニングのコートの料金相場と仕上がり日数の目安は以下のとおりです。

料金の相場 800円~1,800円程度
仕上がり日数の目安 7日〜14日程度 ※衣類の集配期間を含む

関連記事:コートのクリーニング料金相場と安い時期について紹介

7. オプションメニューの料金もチェックする

クリーニングには、通常の水洗い・ドライクリーニングの他にオプションメニューがあります。汚れの状態や、生地の特性に合わせて通常のクリーニングメニューにプラスすることで、洋服をキレイな状態に保ち、長持ちさせることができます。

主なオプション料金とその相場は以下のとおりです。

シミ抜き加工 500円〜5,000円程度
汗抜き加工 500円〜1,100円程度
撥水加工 300円〜2,000円程度
折り目加工 300円〜1,000円程度
防虫加工 300円〜1,100円程度

各オプションメニューの内容は下記を参考にしてください。

・シミ抜き加工
水洗いで落とせる汚れから頑固な汚れまで落とします。簡易シミ抜きと有料シミ抜きがあり、簡易シミ抜きは無料のクリーニング店もあります。

・汗抜き加工
スーツなど通常水洗いできない洋服も専用の洗剤・機械を使い、水洗いをして汗もニオイもスッキリ落とします。においが気になる衣類にもおすすめです。
関連記事:汗抜き加工で衣類が長持ち?クリーニング店の汗抜き加工とは

・撥水加工
通気性を保ちながら、水や油をはじく加工です。生地表面にコーティングをすることで雨や食べこぼしなどの汚れから守ってくれるので、傷みを軽減することができます。

・折り目加工
洋服の折り目をピシッとつけることができます。雨にぬれても取れない加工になっているので、 スーツのズボンやプリーツスカート におすすめです。

・防虫加工
衣類を食べる害虫を寄せ付けにくくします。

8. 宅配クリーニングはこんな人におすすめ

宅配クリーニングを注文する

宅配クリーニングは、店舗型クリーニングと比べて1点あたりの料金が割高な傾向があります。
ただし、今回ご紹介したように、コートなどは1点あたりの料金が店舗型クリーニングよりも安くなることも。まとめてクリーニングに出すと1点あたりの料金がおさえられるパック料金ならではの強みでもありますね。

料金の他にも、宅配クリーニングには以下のメリットがあります。

  • 24時間いつでも申し込みができる
  • 重い洋服や布団などを持ち運ばなくても、自宅まで宅配業者が集配に来てくれる
  • 全国どこから出しても料金一律の場合が多い
  • 保管サービスを使える宅配クリーニングサービスであれば、温度・湿度管理がされている保管庫で預かってくれる

1人暮らしの方や小さなお子さんがいらっしゃる方には、宅配クリーニングがおすすめと言えるでしょう。

9. クリーニング料金の相場を理解して最適な形でクリーニングに出そう

今回は、クリーニングの料金相場を衣服の種類別にご紹介しました。
お住まいの地域や、衣類の種類・素材などによって、クリーニング料金や仕上がり日数の目安は大きく異なります。
基本的には店舗型クリーニングに比べて宅配クリーニングの方が割高ですが、まとめてクリーニングに出したり、セールやキャンペーンを上手く利用すれば、店舗型クリーニングよりおトクになる場合も!

どこのクリーニング店にしようかなと迷われている方へおすすめなのが宅配クリーニング「RE:KURI(リクリ)」。リクリは、創業50年以上・200店舗を超えるクリーニング店の運営実績があるので、安心して依頼できますね。リクリの衣類クリーニングは、3・5・7・10・15・20点パックから選べ、まとめてクリーニングを依頼すれば1点あたりの料金も安くなります。
クリーニングを検討されている方は、リクリでお気に入りの衣類をキレイにしてみませんか?

\ SNSでリクリをシェアしよう! /