コラム

ネクタイの宅配クリーニングの出し方【料金相場・頻度・注意点】

UPDATE:2022.05.17
ネクタイの宅配クリーニングの出し方【料金相場・頻度・注意点】

仕事で着るスーツや制服に合わせることが多いネクタイですが、汚れが気になっているもののクリーニングするタイミングが分からないという方も多いでしょう。

そこで、この記事では自宅にいながら依頼ができる宅配クリーニングの出し方や注意点をはじめ、ネクタイをクリーニングに出す頻度、料金相場についてご紹介します。
併せて、家庭での保管方法のコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 1.ネクタイは宅配クリーニングに出すことがおすすめの理由

ネクタイは、ワイシャツのように気軽に自宅で洗濯がしにくいものの一つ。
まずは、ネクタイを宅配クリーニングに出すことをおすすめする理由について詳しくご紹介します。

自宅で洗濯するのは難しいから

ネクタイ

ネクタイには、ポリエステル、シルク、ウール、麻、カシミヤ、コットンなどさまざまな素材が使われています。
こうした素材の特性にあわせて自宅で洗うのは難しく、適切に洗わないと、どれだけていねいに手洗いしても生地を傷めたり縮れや型崩れの原因になったりします。

その点、宅配クリーニングへ依頼すればプロの技術と経験を生かしたクリーニングが可能です。

宅配クリーニングだと手間がかからないから

宅配クリーニングは、いつでもどこでもクリーニングの依頼ができるので手間がかかりません。
申し込みから、集荷、受け取りまで、店頭に行くことなく完結できます。時間や場所に縛られず、自分の都合に合わせてインターネットから申し込みができるのが嬉しいポイントです。

共働き世帯や単身者で仕事が忙しくて昼間はクリーニング店に行くことができない方、小さなお子さんがいて外出しにくい方にとっては、手間をかけることなくクリーニングができて時短にもなるでしょう。

スーツや他の衣類と一緒に出せることが多いから

「ネクタイだけをクリーニングに出しにくい…」という方も多いかもしれません。
ですが、宅配クリーニングでは、ワイシャツやスーツ、コートなど他の衣類も一緒にまとめて依頼できます。

宅配クリーニングでは「5点で〇〇円」「10点で〇〇円」といったようにパック料金を設定しているクリーニング会社も多くあります。クリーニングに出したい衣類をまとめて依頼すれば、料金もおさえられ家計の節約にもなるでしょう。

「ビジネスパック」のようにネクタイとスーツ・ワイシャツなど、ビジネス周りのクリーニングがパック料金になっているおトクなパックの活用もおすすめです。

宅配クリーニング「RE:KURI(リクリ)」のビジネスパックを見てみる >

2. ネクタイの宅配クリーニングの料金相場や仕上がり日数

ネクタイのクリーニングで気になるのは、料金や受け取りまでの日数ですよね。
ここからは、ネクタイを宅配クリーニングに出す際の料金相場や仕上がり日数について見ていきましょう。

ネクタイの宅配クリーニングの料金相場

宅配クリーニングの料金は、店舗型のクリーニングと同様に衣類を1点ずつ依頼できるお店と、「5点で〇〇円」といったパック料金を設定しているお店の2つのパターンに分かれます。

1点ずつ依頼できるお店であれば、ネクタイは500~1,000円(税込)前後が相場になります。
ただし、シルクなどデリケートな素材を使用している場合は、プラスでオプション料金がかかる場合もあります。

また、パック料金を提供している場合の料金相場は下記です。

パック料金(税込) 1点当たりの料金(税込)
宅配クリーニングA社 5点パック:7,678円
10点パック:9,878円
5点パック:1,535円
10点パック:987円
宅配クリーニングB社 5点パック:9,405円
10点パック:12,870円
5点パック:1,881円
10点パック:1,287円

※すべて税込価格です。

ネクタイを中心にワイシャツやスカートなど、比較的クリーニング料金が安価な物ばかり依頼する場合は、1点ずつ依頼できるお店の方がおトクになる場合もあるため、事前によくシミュレーションをしておきましょう。

ネクタイの宅配クリーニングの仕上がり日数

宅配クリーニングは集荷や配送に時間がかかるため、店舗型のクリーニングのように「即日」や「翌日」に受け取ることができず、少し日数がかかってしまいます。
ネクタイの仕上がり日数は宅配クリーニングの会社によって異なりますが、平均して3日~1週間程度で受け取れます。

ただし、お店によっては1、2週間程度必要な場合もあるほか、デリケートな素材のネクタイの場合は通常より時間がかかるケースもあります。急ぎの場合は、宅配クリーニング店に事前に確認しておくと安心です。

3. ネクタイを宅配クリーニングに出すときのポイントや注意点

ネクタイをしめる

ここからは、宅配クリーニングでネクタイを出すときの注意点や、クリーニングを出す際に確認した方がよいポイントについてご紹介します。

クリーニングに出す頻度は最低限2、3カ月に1度

ネクタイを宅配クリーニングに出す頻度は、汚れの度合いや使用頻度にもよりますが目安は2、3カ月に一度です。
ただし、これは最低限の頻度ですので、食事の際に汚れてしまったり、汗をかく季節に首周りの汗染みが気になる場合は、その都度クリーニングに出しましょう。

大切なビジネスシーンやイベントごとでは、キレイで清潔感のあるネクタイを身に着けていたいもの。
スーツだけでなくネクタイを定期的にクリーニングに出す習慣を取り入れるのもおすすめです。

洗濯表示・品質表示タグで洗濯方法を確認する

ネクタイを宅配クリーニングに出す前に、洗濯表示や品質表示のタグで、素材の特性やお手入れ時の注意事項を確認するのも大切です。

中には、クリーニングできない物やタグがついていない物もあり、確認不足のままクリーニングに出してしまうと、ネクタイの生地を傷めてしまう可能性も。
今持っているネクタイはもちろん、新しいネクタイを購入した際にも、必ず洗濯表示や品質表示タグをチェックしておきましょう。

素材の確認をする

ネクタイは素材によって、取扱い方が大きく変わります。
例えば、シルクなど繊細な素材の場合はクリーニングにプラスで料金がかかることがあります。
また、色落ちしやすい素材は刺繍に使われている素材などは慎重な取り扱いが必要です。

自己判断をしてお気に入りのネクタイを台無しにしないように、ネクタイの素材を確認しましょう。

破れや糸のほつれがないか確認する

宅配クリーニングに出す前にネクタイをよく確認し、ほつれや破れている箇所がないかチェックしましょう。
もしほつれや破れがある場合は、依頼時に宅配クリーニング会社へ伝え、あまりに破れがひどい場合はクリーニングを断られる場合もあります。

また、宅配クリーニング会社の中には、穴あきやほつれなどを修繕してくれるオプションサービスを提供している場合もあります。修繕をしたい場合は、クリーニングと一緒に依頼すれば手間がかかりません。

汚れがないか確認する

ネクタイを宅配クリーニングに出す前に、汚れやシミがないか確認しましょう。
汚れがある場合は「シミ抜き加工」などの加工オプションを利用するのがおすすめです。

ネクタイのシミ抜きのオプションサービスを利用するか、クリーニング会社によっては簡易シミ抜きであれば無料で行ってくれる場合もあります。

4. 宅配クリーニングから戻ってきたネクタイの確認・保管方法

ネクタイ収納

続いては、宅配クリーニングから戻ってきたネクタイの確認と保管方法についてご紹介します。
お気に入りのネクタイを長持ちさせるためにも、保管方法にもしっかりと気を配りましょう。

ニールのクリーニングカバーを外す

クリーニングから返ってきたときに掛けられているビニールやカバーは必ず外して保管しましょう。
これは、衣類を運搬する際の汚れや破損を防ぐ目的で掛けられているもので、保管には適していません。

ポリプロピレンやポリエチレンなどを使用したカバーは通気性が悪く、カビの発生の原因にもなります。
そのため、カバーを掛けて保管する場合は、通気性のよい不織布のカバーに付け替えましょう。

オプションサービスで不織布のカバーを掛けてくれる宅配クリーニングもあるので、事前に確認しましょう。

仕上がりを確認する

宅配クリーニングからネクタイが戻ってきたら、全体をよくチェックします。

クリーニングに出す前にチェックした場所がキレイになっているかだけでなく、破損や残った汚れがないかなど、細かいところまで確認しましょう。

もし、仕上がりに納得がいかない場合は、再仕上を無償で受けられるケースもあります。
しかし、「届いてから7日後まで」と保証期間を設けている宅配クリーニング会社も多いため、なるべく早く仕上がりをチェックするのがおすすめです。

ハンガーで吊るすか、丸めて保管する

宅配クリーニングでキレイになったネクタイを、よりキレイに保管するには、ハンガーに掛けて数日保管しましょう。

これは宅配クリーニングから戻ってきてすぐのネクタイは、多少湿気を含んでいる場合があり、その湿気のせいでカビが発生してしまう可能性があるからです。風通しの良い日陰で干しておくと、湿気が取れやすくなります。

数日ハンガーに掛けた後は、ネクタイ専用のハンガーに掛けて保管するか、丸めて保管するようにしましょう。

5. ネクタイは宅配クリーニングを活用して長持ちさせよう!

ネクタイは毎日使うことが多いですが、使った後にきちんと手入れをせずに放置されることも多いアイテムでもあります。ネクタイには食事などの汚れやニオイ、首回りの皮脂が意外とついており、定期的にクリーニングに出すのがおすすめ。

「毎日忙しくてクリーニングが面倒」という方は、自宅にいながらクリーニングが依頼できる宅配クリーニングを活用してみるといいでしょう。

宅配クリーニング「RE:KURI(リクリ)」なら、いつでもどこでもスマホで注文ができ、集荷に来たスタッフに衣類を渡すだけ。仕上がった衣類も自宅で受け取るだけなので、忙しい方にも便利サービスです。

リクリには「ビジネスパック」があり、ネクタイをはじめワイシャツやスーツなどをまとめてクリーニングできます。ビジネスパックでは、7点の衣類を3点パックの料金で注文でき、ワイシャツは抗菌・防臭加工付きなのも嬉しいポイント。

ビジネスシーンに必須のネクタイ・スーツなどをまとめて宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでリクリをシェアしよう! /