コラム

Tシャツの染み抜きはどうやるの?黒ずみや油染みなど汚れ別の対処法

UPDATE:2022.09.27
Tシャツの染み抜きはどうやるの?黒ずみや油染みなど汚れ別の対処法

年間を通して着る機会が多いTシャツですが、汗や皮脂汚れ、油汚れなどの染みが付いて取れないと困ったことはありませんか?
特に、白いTシャツは染みや黄ばみがとても目立つため、染みが取れないと「捨てるしかないのか…」と迷っている方も多いのではないかと思います。

この記事では、Tシャツの染みの原因をはじめ、自宅での染み取り方法やTシャツをクリーニングへ出す際のポイントなどについて詳しく解説します。お気に入りのTシャツの染みが気になるという方は、ぜひ参考にしてください。

1. Tシャツの染みの原因は?

汗シミTシャツ

はじめに、なぜTシャツに染みが付いてしまうのか、染みの原因について見ていきましょう。

汗や皮脂による黄ばみ

Tシャツに付く染みの一つに、黄ばみがあります。洗濯した際、キレイに汚れを落としきれていないことが黄ばみの原因です。

同じTシャツを長く着続けていると、いつの間にか付いてしまう黄ばみ。その原因は汗や皮脂によるもの。衣類に付着した皮脂汚れは、時間が経過するにつれ酸化し、徐々に繊維を黄色くしていきます。特に、脇や襟首まわりなどの汗をかきやすい部分は、黄ばみが出やすくなります。

皮脂汚れに付いたホコリが原因の黒ずみ

黒ずみは一度付いてしまうと、自宅では落とすことが難しい染みです。その原因は、落としきれていない皮脂汚れに、空気中に漂っているホコリや不純物などがくっついてしまうから。黒ずみが、繊維の奥まで入り込んでしまうと、なかなか取ることができなくなってしまいます。

そのほか、自宅で洗濯する際、洗濯機に衣類を詰め込み過ぎてしまい洗剤が衣類に十分にいきわたらないことで、皮脂汚れを落としきれなかったり、せっかく浮き出した汚れが衣類に再付着してしまったりして、黒ずみの原因になる場合もあります。

その他の染み

皮脂汚れだけでなく、普段の食べこぼしや飲みこぼし、泥汚れ、ボールペンのインク、化粧品など、日常生活の中のさまざまなシーンに、Tシャツの染みになる原因があります。

染みの種類には水溶性、油溶性、不溶性といった性質があり、染みを取るための最適な対処法も異なります。全ての染みが家庭の洗濯機で落としきれるわけではありません。それぞれの染みに合った、染み抜きの方法を知っておく必要があるでしょう。

2. Tシャツの染みを自宅で落とす方法

Tシャツの洗濯方法

Tシャツに付いてしまった染みは、染みが付いた時期や染みの種類によっては、自宅でも落とすことができます。黄ばみと黒ずみのほか、泥汚れ、油染みといった染みの種類別に、自宅でもできる方法を解説します。

ただし、染みを落とす最も有効な方法は、染みになったら早急に、その衣類と染みの原因に合った染み抜きを行うことです。高級ブランドやお気に入りのTシャツの場合は、早めにクリーニング店へ相談するのがおすすめです。

黄ばみをキレイにする方法

Tシャツの黄ばみをキレイにする方法として「つけおき」があります。

〈用意する物〉
  • 大きめの容器(3L以上のぬるま湯が入るサイズ)
  • 粉末洗剤(弱アルカリ性)
  • 酸素系漂白剤
〈洗濯手順〉
  • 大きめの容器に3Lほどのぬるま湯を入れる
  • 容器に粉末洗剤と酸素系漂白剤を各大さじ1杯程度入れて溶かす
  • 準備した容器に黄ばんだTシャツを入れて、20~30分程度つけておく
  • Tシャツをキレイな水やぬるま湯ですすぎ、洗濯機で洗う

Tシャツの素材によっては「手洗いのみ」の場合もあるため、洗濯表示タグを事前に確認してからにしましょう。

黒ずみをキレイにする方法

黒ずみをキレイにするには、黄ばみ汚れのときに説明した洗剤に加えて、固形の洗濯石けんを用意しましょう。固形の洗濯石けんは繊維の奥に入り込むので、通常の洗濯洗剤よりも黒ずみを落としやすくなります。

〈用意する物〉
  • 大きめの容器(3L以上のぬるま湯が入るサイズ)
  • 粉末洗剤(弱アルカリ性)
  • 酸素系漂白剤
  • 固形洗濯石けん
〈洗濯手順〉
  • 大きめの容器に3Lほどのぬるま湯を入れる
  • 容器に粉末洗剤と酸素系漂白剤を各大さじ1杯程度入れて溶かす
  • つきおきの前に、Tシャツの黒ずみ部分を固形洗濯石けんでこすり洗いし、汚れをもみ出す
  • 用意しておいたぬるま湯に20~30分程度つけおきする
  • Tシャツをキレイな水やぬるま湯ですすぎ、洗濯機で洗う

泥汚れをキレイにする方法

泥汚れは、汚れが繊維の中に入り込んでしまうため、なかなか落ちない厄介な汚れです。基本的には、ブラシや固形洗濯石けんを使うことで泥汚れを落とすことができます。

〈用意する物〉
  • 大きめの容器(3L以上のぬるま湯が入るサイズ)
  • 固形洗濯石けん
  • ブラシ
〈洗濯手順〉
  • 洗う前の乾いた状態のときに、泥汚れをブラシでやさしく払って、砂などの固形物をできるだけ取り除いておく
  • Tシャツの汚れ部分にぬるま湯をかけてぬらす
  • 汚れ部分に固形洗濯石けんをこすって塗り込む
  • 容器の中へTシャツをつけ、泥汚れが浮かんでくるまでもみ洗いをする
  • 一度すすいでみて泥汚れが落ちていない場合は、3~4を何度か繰り返す
  • 洗濯機で洗う

もみ洗いをするときは、あまり強くこするとTシャツの生地が傷んでしまうため、力加減に気をつけましょう。

油染みをキレイにする方法

Tシャツの油シミをキレイにする

油染みは、食べこぼしや化粧品などでTシャツに付きやすい染みの一つです。油分は放置すると取れにくい染みの種類のため、なるべく早めに対処するようにしましょう。

〈用意する物〉
  • 白いタオル
  • 液体洗濯用洗剤
  • 歯ブラシや綿棒
〈洗濯手順〉
  • 白いタオルを机の上などに敷く
  • Tシャツを、油染みがある面を下側にして、タオルの上に重ね合わせる
  • 液体洗濯用洗剤の原液を染みに少量垂らす
  • 歯ブラシや綿棒で、油染みがある箇所を上からトントンと叩く
  • 軽くすすいだ後、洗濯機で洗う

Tシャツに付いた油汚れを、下に敷いたタオルへ移すイメージで叩くのがポイントです。白いタオルであれば、汚れが移ったことが確認しやすくなります。
また、ファンデーションや口紅など化粧汚れの場合は、歯ブラシや綿棒にクレンジングオイルを付けて叩くと汚れが落ちやすくなります。

外出時などに緊急で汚れをキレイにする方法

外出の際、急なアクシデントでTシャツが汚れてしまった時に、手持ちのハンカチやティッシュを使って対処する方法があります。水溶性の染みと、油溶性の染みの場合を例にご紹介しましょう。

〈ジュースなど水溶性の染みの場合〉
  • Tシャツの染み部分に、裏側からハンカチを当てる
  • 少量のキレイな水を湿らせたティッシュペーパーを用意する
  • 染み部分の表側をトントン叩き、ハンカチに染みを移す
〈カレーやドレッシングなど油溶性の染みの場合〉
  • Tシャツに付いた油分をティッシュペーパーでこすらず、吸い取る
  • Tシャツの染み部分に、裏側からハンカチを当てる
  • 少量のキレイな水で湿らせたティッシュペーパーを用意する
  • ティッシュペーパーにハンドソープをつけ、Tシャツの染みになじませる
  • ティッシュペーパーを押さえるようにしてハンカチに染みを移す
  • 水で湿らせた別のティッシュペーパーで、ハンドソープがなくなるまで拭き取る
  • 乾いた別のティッシュペーパーでTシャツの水分を取る

いずれも応急処置のため、帰宅したらすぐに洗濯機で洗うか、できるだけ早くクリーニング店に依頼しましょう。

3. 大切なTシャツはクリーニングに出すのがおすすめ

白いTシャツ

ここまで見てきたように、Tシャツの染み抜きは自宅でも可能な場合がありますが、染み抜きに失敗してしまったり生地を傷めてしまったりするのは避けたいもの。
そのため、ブランドTシャツやお気に入りのTシャツは、クリーニングに依頼するのがおすすめです。

ここからは、Tシャツのクリーニングの料金相場や仕上がり日数について見ていきましょう。

Tシャツのクリーニングの料金相場

Tシャツのクリーニング料金の相場は、店舗型クリーニングの場合は450~700円(税込)前後。1点ずつ依頼できる宅配クリーニング店の場合は500~800円(税込)前後です。1点で宅配クリーニングに出す場合、別途送料がかかる場合があります。

また、パック料金を提供している宅配クリーニングの場合は、1点あたり800~2,000円(税込)前後で、送料無料なことがほとんどです。パック料金は、コートやスーツなどクリーニング料金の高いものと一緒に、さまざまな衣類をまとめて依頼ができます。そうすることで1点あたりの料金が安くなり、おトクに利用ができますね。

参考として、パック料金で展開している宅配クリーニング「RE:KURI(リクリ)」のクリーニング料金をご紹介します。

【「洋服パック保管なしコース」の料金】

※すべて税込価格です。

Tシャツのクリーニングにおすすめのオプション

Tシャツはどうしても脇や襟首あたりが黄ばみやすく、また、毎日着用するためにさまざまな染みが付きやすいです。そのため、Tシャツをクリーニング店に依頼する際には、オプションサービスの利用もおすすめ。

Tシャツにおすすめのオプションは「汗抜き」「黄ばみ落とし」「染み抜き」です。黄ばみや黒ずみの原因になる、汗や皮脂汚れをキレイにするためのオプションです。

Tシャツをクリーニングに出す頻度

Tシャツをクリーニングに出す頻度としておすすめなのは、夏場であれば1回の着用ごと、それ以外の季節でも2回程度着れば出した方がいいでしょう。これまで解説したように、Tシャツは皮脂汚れが付きやすく、汚れを放置すると染みになってしまうためです。

また、Tシャツも他の衣類と同様、洗濯することで生地へのダメージが少なからず生じてしまいます。
高額なTシャツやお気に入りのTシャツの場合は、生地へのダメージを最小限に抑えながら洗ってくれるクリーニング店への依頼をして、Tシャツを長持ちさせましょう。

Tシャツのクリーニングの仕上がり日数

Tシャツをクリーニングに出したときの仕上がり日数は、店舗型クリーニングの場合は、即日~3日以内には仕上がることが多いです。

宅配クリーニング店の場合は集荷・配送日数がかかるため、1~2週間程度かかります。依頼する場合は、余裕をもって依頼するようにしましょう。

染みが付いたら早急にクリーニングへ

Tシャツに染みが付いてしまったら、できるだけ早くクリーニング店に依頼するようにしましょう。

染みが付いてすぐであれば、染みの種類によっては自宅の染み抜きでキレイに取れる可能性はありますが、「自宅で染み抜きを試してみて、落ちなかったからクリーニング店へ持っていく」という対応をすると、プロのクリーニングでも落とせないことも…。

染みが「どんな汚れで、いつ付着したか、自宅でどの洗剤を使って染み抜きを試してみたか」によって染みの落とし方が全く異なるからです。また、染みがTシャツに付いてしまってから時間が経つほど染みが取れにくくなってしまうので、放置せずに早急に依頼することをおすすめします。

4. Tシャツの染み抜きなら「RE:KURI(リクリ)」におまかせ!

リクリのシミ抜き

Tシャツの染み抜きを依頼するなら、クリーニング店に依頼するのがおすすめです!
熟練のプロの技を使えば、家庭では落とせなかったTシャツの黄ばみや黒ずみも、一度で取れることがあります。

特に、仕事で毎日忙しい方や、小さなお子さんがいるご家庭なら、宅配クリーニングがおすすめ。宅配クリーニングなら24時間いつでも依頼ができ、自宅にいながら集荷・受け取りもできます。

リクリなら、「簡易シミ抜き」を無料対応してくれます。熟練の染み抜き職人の丁寧な手仕事により、安心のクリーニングクオリティを実現。Tシャツの生地の状態や汚れ具合に合わせて洗濯してくれます。
さらに、再仕上げ、往復送料(一部地域を除く)が全て無料というのもうれしいポイント!

大切な衣類のクリーニングは、リクリにお任せしてみてはいかがでしょうか?

見積もり無料で安心の「有料シミ染み抜き」オプション

リクリは、無料の染み抜きではキレイにならない汚れの場合、「有料シミ抜き」というオプションが利用できます。

注文時に希望しておくと、クリーニングのプロが検品し、無料で見積もりをして、料金について連絡をもらえます。見積もりの金額を聞いて「ちょっと高いな」と感じたら、そこでキャンセルも可能!

さらに、リクリでは有料オプションの染み抜きでも染みが落ちなかった場合は、有料オプション料金は発生しません。染みが残っているのに料金だけがかかるということがなく安心して頼めます。大切なTシャツの染みが気になる場合は、リクリの「有料シミ抜き」がだんぜんおトクです!

お気に入りのTシャツは正しいメンテナンスを!

Tシャツの女性

Tシャツは、自宅での洗濯だけでは汗や皮脂汚れが落ちきらず、黄ばみや黒ずみの原因になることもあります。一度定着してしまった染みは、なかなか落ちないので困りますね。

そこで、ブランド品やお気に入りの大切なTシャツは、染み抜きや汗抜きにも対応しているクリーニング店への依頼がおすすめです。Tシャツを定期的にクリーニングに出して、黄ばみや黒ずみなどをスッキリとキレイにしましょう!

\ SNSでリクリをシェアしよう! /