コラム

学ランは自宅でクリーニングできる!?学ランの洗い方のポイントをご紹介

UPDATE:2022.08.24
学ランは自宅でクリーニングできる!?学ランの洗い方のポイントをご紹介

毎日着用する学ランの汚れが気になるものの「自宅で洗濯してもいいの?」「洗い方が分からない…」という方も多いのではないでしょうか。

学ランをクリーニング店に依頼するのは費用もかかるため、できれば自宅で洗濯したいと考えていても「自宅で洗って失敗したら…」とためらってしまう方も少なくないようです。

この記事では、学ランの自宅での洗濯方法や、自宅でよりキレイに仕上げるポイントについて紹介していきます。

また、頑固な汚れの学ランはクリーニング店に出した方がおすすめな理由も合わせて解説していきますので、学ランを自宅で洗うか迷っている方はぜひ参考にしてください。

1. 学ランを自宅でクリーニングする前に確認すべきポイント

学ランは自宅でも洗濯することは可能ですが、いくつか注意点があります。

ここでは、学ランを自宅でクリーニングする前に確認すべきポイントについて解説していきます。

ポイント1.洗濯表示のタグを確認

学ランを自宅で洗う前には、必ず洗濯表示のタグを確認しましょう。
洗濯タグには「洗濯機で洗えるか」「手洗いが可能か」「クリーニングに依頼すべきか」が絵表示で記載されています。

例えば、洗濯タグに、洗濯桶にバツ印がついたような絵表示がある場合は「家庭での洗濯禁止」のマークとなります。

家庭での洗濯禁止
このような表示がある場合は、家庭で洗濯せず、必ずクリーニング店に依頼してください。

近頃は自宅でも洗える学ランが増えていますが、洗濯機や手洗ができない学ランを無理に自宅で洗うと、型崩れや風合いを損ねる原因となるので洗濯表示を守るようにしましょう。

ポイント2.洗濯機で洗える場合は設定内容を確認

洗濯桶の中に数字が書かれている場合は「洗濯機で洗える」という表示です。
この絵表示の中に強さや温度の表示があるので、確認しましょう。

例えば、洗濯桶の中の数字は適正水温を表しており、表記以下の水温で洗濯をしましょう。

洗濯表示湯温70度
「70」と書かれている場合は「液温は70℃を限度とし洗濯機で洗濯処理ができる」というマークとなります。

また、洗濯桶の下に線が入っている場合は、洗濯の弱さを表しています。

洗濯表示洗濯機60度弱水流
洗濯表示洗濯機40度最弱水流

洗濯桶の下に1本の下線が入っている場合は「洗濯機で弱い洗濯処理ができる」というもの。

また2本の下線が入っている場合は「洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる」というものです。

下線が入ったマークの洗濯表示がある学ランは、弱水流のコース、手洗いコースなど、優しく洗うコースで洗濯することをおすすめします。

ポイント3.手洗いで洗える場合は液温を40℃に

洗濯桶のマークに手が書かれている場合、その学ランは手洗いで洗濯しましょう。

手洗い表示40度
手洗いマークには洗濯桶の中に数字の表示がありませんが、「液温は40℃を限度とし手洗いできる」という意味のマークです。

ポイント4.ボタンのほつれやポケットの中身を確認

学ランが洗濯機で洗えることが確認できたら、洗濯機に入れる前にボタンのほつれ・ポケットの中身を確認しましょう。

ポケットにティッシュなどが入ったまま洗うと、ティッシュの繊維が学ランにこびりついてしまい、もう一度洗い直さないといけなくなります。

また、ボタンが取れかかったまま洗濯すると、洗濯中にボタンが取れて行方不明になってしまうことも。

学ランのポケットに入ったものはすべて出し、ボタンが取れそうな場合には洗濯前に縫い付けをしておきましょう。

2. 自宅でできる!学ランを上手に洗濯する方法

学ランの洗濯表示から自宅で洗えることが確認できたら、自宅での洗濯を試してみましょう!

ここでは、学ランを自宅で上手に洗濯する方法について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ステップ1.洗濯に必要なアイテムを準備する

洗濯に必要なアイテム

学ランの洗濯をする前に、洗濯に必要なアイテムを準備しておきましょう。

学ランの洗濯に必要なアイテムは、以下の3つです。

  • 洗濯ネット
  • 中性洗剤
  • 柔軟剤

学ランはデリケートな素材なため、普段着よりも型崩れなどが起きやすいです。

そのため、毎日の洗濯で使用している洗剤ではなく、優しく洗える「中性洗剤」を使用しましょう。

また、洗濯ネットに入れずに洗うと生地が傷んでしまうため、必ず洗濯ネットにいれること、また洗濯ネット内での型崩れが起きないよう、できるだけジャストサイズのものを用意しておきましょう。

最後に柔軟剤を使用することで、静電気を防ぎ、仕上がりを良くすることができますよ。

ステップ2.洗濯をする前に学ランを整える

学ランには普段着にはない、さまざまなパーツがついています。
洗濯をする前に、下記のような準備をしておきましょう。

〈学ランの洗濯前の準備方法〉
  • 襟のカラー芯を外しておく
  • 前身頃についたボタンを開ける
  • 前身頃に袖を乗せる形で内側にたたみ、洗濯ネットに入れる

上記の手順で学ランを洗う下準備をしてから、洗濯を行いましょう。

また、学ランのズボンを洗う場合も、事前に注意すべきポイントがあります。

まず、ズボンのひっかかりを防ぐために、ファスナー・ボタン・ホックはすべて閉めておきましょう。
洗濯ネットに入れる際は、汚れが付きやすい箇所である裾やお尻・ウエスト部分が表に出るように畳んで入れましょう。

ステップ3.他の衣類と一緒にせず弱い水流で洗濯する

学ランを洗濯機で洗う場合は、他の衣類と一緒にせず単独で洗ってください。

たくさんの衣類と学ランを一緒に洗うと、まんべんなく水や洗剤が行き渡らず汚れが落ちなかったり、色移りしてしまったりする場合があります。

また、通常のコースではなく「水流が弱いコース」を選択するのも大切なポイント。

弱い水流で優しく洗うことで、生地へのダメージを最小限に抑えることができます。

洗濯機の「弱い水流」のコースには、「手洗いコース」「ドライコース」「おうちクリーニング」などといった名称があり、自宅の洗濯機の場合はどのコースになるのかは、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

ステップ4.洗濯したらすぐに学ランを干す

洗濯後の学ランはニオイや型崩れ、シワを防ぐため、すぐに干しましょう。

学ランは振りさばき、手で叩いて形を整えてから厚みのあるハンガーにかけ、日光が直接当たらない涼しい日陰などに干してください。

ズボンは洗濯ばさみで止めて干さず、物干し竿などに足部分などを通す「筒干し」にすると、風の通り道ができ素早く乾きます。

3. 学ランをよりキレイに仕上げるポイント

学ランを自宅で洗濯するときに、よりキレイに仕上げるポイントについて解説していきます。

ひと手間かけるだけで仕上がりが変わりるので、ぜひ試してみてください。

シミ汚れには直接洗剤をかける

学ランには汗やほこり、食事等の汚れがシミとなり付着しているケースも少なくありません。

学ランに付着した頑固なシミ汚れには、洗濯前に直接洗剤をかけると汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。

やり方は、洗濯前に洗剤の原液をシミ部分にかけて、なじませるだけ。
直接洗剤をかけることで汚れを分解する能力を高められるので、汚れが気になる箇所に試してみてください。

干した後でアイロンをかける

乾燥後の学ランにアイロンをかけることで波打ちやシワがなくなり、ビシッとカッコいい見た目に仕上がります。

繊細な生地を傷めないようアイロンは低温に設定し、当て布をあて短時間でシワを整えましょう。高温で直接アイロンを当ててしまうと、熱で生地が傷んでテカリの原因になります。

アイロンのひと手間をかけるだけで、ワンランク上の仕上がりになりますよ。

4. 頑固な汚れの学ランはクリーニングへ出すのが安心

クリーニング受付

「自宅で洗っても汚れが落ちない…」という頑固な汚れがある学ランは、クリーニングへ出すことをおすすめします。

ここでは、学ランをクリーニングに出す場合の料金相場や、仕上がりまでにかかる期間、注意点について解説します。

学ランのクリーニング料金の相場

学ランをプロのクリーニングに出した場合の料金相場は、以下の表の通りです。

【店舗型クリーニングの料金相場】
上のみ 700~1,000円程度
下のみ 500~700円程度
上下セット 1,100~1,500円程度

※すべて税込価格です。

【宅配クリーニングの料金相場】
5点 6,000~8,000円前後
(1点あたり1,200~1,600円)
10点 8,000~13,000円前後
(1点あたり800~1,300円)
20点 15,000~20,000円前後
(1点あたり750~1,000円)

※すべて税込価格です。

クリーニング店には店舗型のものと宅配クリーニングとがあります。

店舗型は衣類の種類ごとに1点ずつ料金が異なります。
宅配クリーニングは衣類を多く出せば出すほど一点あたりの料金が安くなることが多く、学ランを宅配クリーニングへ依頼するときは、ほかの衣類とまとめて出す方がおトクです。

また、クリーニング店には上のみ・下のみとそれぞれで出せるお店と、上下セットでクリーニングを受け付けているお店があるので、予め確認しておきましょう。

学ランのクリーニングにかかる時間

学ランのクリーニングにかかる時間は、平均2~3日程度です。

即日仕上げができるお店とできないお店があるため、できるだけ余裕をもって依頼するようにしましょう。

また、宅配クリーニングの場合は配送期間も入れて、7~10日程度かかります。

宅配クリーニングは、自宅にいながら注文から受け取りまで完結できるというメリットはありますが、店舗型よりも仕上がりまでに時間がかかることを想定して依頼するようにしましょう。

学ランをクリーニングに出す際の注意点

学ランをクリーニングに出す際は、下記の点に気を付けましょう。

  • 章など外せるものは外しておく
  • ほつれ・破れがないか確認する
  • 汚れ具合をチェックし必要に応じオプションを追加する
  • ポケットの中はすべて空にする
  • 上下どちらもセットで依頼する

学ランについている校章などは、クリーニング中に紛失する可能性があるため必ず外しておきましょう。

ポケットの中に入っているものも同様に紛失のリスクがあるため、チェックしてから出すようにしてください。

もし制服に汚れがある場合は、オプションでシミ抜きをお願いするのもおすすめです。

そしてクリーニングに出すときにあまり気に留めていない方も多いと思いますが、学ランは「上だけ」「下だけ」で出すと、洗濯回数によって色合いが変わってしまう可能性があるということ。できるだけ上下セットで出すことをおすすめします。

5. 宅配クリーニング「RE:KURI」なら、学ランのクリーニングも対応

宅配クリーニング「RE:KURI」では、学ランのクリーニングは「洋服パック」で取り扱っています。
リクリの特徴の一つが、洗濯における工程は全て自社工場で行い、1点1点の衣類を徹底管理していること。
ドライクリーニングでは、毎回ろ過されたクリーンで無臭な溶剤を用いて洗濯しているため、家庭洗濯より洗浄力が高く、清潔な状態で衣類が返ってきます。

リクリは、どんな衣類でもクリーニング料金が一律のパック制の宅配クリーニングです。
依頼する衣類の点数は以下から選べます。

【「洋服パック保管なしコース」の料金】

※すべて税込価格です。

リクリの洋服パックは下記の無料サービスが全て含まれています。

■リクリの無料サービス
  • ※1 但し、北海道、一部離島は別途2,090円(税込)、沖縄は別途6,050円(税込)かかります。
  • ※2 お品物到着後1週間以内に限ります。
■リクリのオプションサービス

例えば、「水洗い可」の学生服には、仕上げの段階で1着ずつアイロンがけをして整えてくれる「プレミアム仕上げ」がおすすめ。

「水洗い不可」の学生服には、特殊な溶剤を用いてシミをしっかり落とす「汗抜き加工」「プレミアム仕上げ」のオプションがおすすめです。

仕事で毎日忙しい方や、小さなお子さまがいて外出しにくい方など、クリーニングに手間をかけたくない方は、一度リクリの宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょうか?

6. キレイな学ランを保ちたいなら、定期的な洗濯は大切

学生服の生徒

学ランは洗濯表示を確認し、洗濯機や手洗いで洗える表示がある場合は、自宅でもクリーニングが可能です。

ただし、学ランはデリケートな素材なので、洗濯機で洗う場合はしっかりと下準備をして「手洗いモード」など、弱い水流で洗うようにしましょう。

自宅で洗っても取れないシミがある場合や、自宅で洗うのが不安だという方は、プロのクリーニングにお願いするのがおすすめです。

クリーニング店に出すと自宅で洗うよりもキレイに仕上げてくれ、丁寧に頑固な汚れやシミも取ってくれるので安心です。

汚れもシミもないキレイな学ランで、お子さまを気持ちよく通学させてあげましょう。

\ SNSでリクリをシェアしよう! /